読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

すみれの実験ライフ!〜クウネルアソブ、時々スパイシー。

人生は実験だ!生きているうちに出逢う出来事は、全てネタ♡

なぜ微食なのか〜その2

なぜ微食なのか〜その1の
続きです。


ザックリですが
愛されない不安を
解消するには
愛される経験を積んで
大丈夫だという確信を得て
愛されている前提で生きる
ということになるかと思います。

人間にとっての
もう1つの不安が
お金に関するものだと
思います。

お金がなくなるのではないか?
という不安は
これまたザックリですが
食べることができなくなり
生きていけなくなる不安に
結びついているようです。

食べることができなくなると
死に至る
というのは
大多数の人が持っている
観念で
実は
食べなくても
生きられる人がいるんですね。

食べない人たち (「不食」が人を健康にする)

食べない人たち (「不食」が人を健康にする)


この本を読んで
「食べなくても生きられる」
という前提に
観念を書き換えることに
挑戦してみたくなりました。

またまたザックリですが
様々な経験から
私は
愛し愛されて
幸せな人生を全うすることに
微塵も不安がなくなりました。

むかつく出来事や
嫌なことも
美しいことも
お腹がよじれるほど
笑うことも
全て
自分が創っているのだと
体験から学びました。
何をするかよりも
どんな波動を放つかの方が
大切だと思うようになりました。

幸せな人生が
確約されていると
気づき
生かされている私が
どれだけ多くの
命の循環の中に
在るのかに
気づき
人間のスペックに
興味を持つようになり
寿命が尽きるまで
あと何年あるか
わからないけれど
自分自身を通して
人体実験をしていきたいと
思うようになりました。

そんな時に
上記の本に出会い
不食に挑戦したい!
と思ったわけです。

ですが
食いしん坊の私なので
食べる悦びを
完全に放棄するつもりはないし(爆)
友達とランチ等もしたいし(爆)
微食に挑戦することにしたのです。

ということで
このブログに
書き綴ることは
単なる私の趣味のような
微食へのチャレンジ日記
そして
娘・ぴょんこについての
親バカ日記です。

日記帳ではなく
ブログに書くからには
誰かに読んでもらえることを
もちろん意識しています。
読み物として
楽しんでいただければ
幸いです。